MENU
アーカイブ
ほんだし
「時短正社員×副業ライター」のアラサー。北関東の田舎で夫と5歳娘と暮らしています。「ほんだしのつれづれぶろぐ」では、ワーママの働き方やライフスタイルをメインに発信しています。

【Anypill】ピルのオンライン診療を受けてみた!安全性は?口コミでの評判は?

みなさんこんにちは。ほんだしです。

最近、低用量ピルを飲む女性が増えているのをご存知ですか?

一昔前までは「避妊のためのもの」という認識が強かったピルですが、最近ではそれ以上に自分自身の身体のためにピルを服用する女性が増えているのです。

 

でも、産婦人科を受診しないといけないんでしょ?
内診されるのに抵抗があるし、コロナ禍で病院へ行くのも気が引ける…

ほんだし

ちょっと待って!最近は「Anypill」のように、オンライン診察が受けられるサービスがあるよ!

すべてオンラインで完結するなら嬉しい!でも、安全性って大丈夫なの?

ということで今回は、ピルに特化した遠隔診療サービス「Anypill」で実際にオンライン診療を受けてみた体験についてご紹介します!

安全性や口コミについてもまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

\この記事はこんな人におすすめ!/
  • Anypillの利用を検討している
  • オンラインでピルを処方してもらいたい
  • 低用量ピルの効果が知りたい
  • 低用量ピルの使用を検討している
  • 産婦人科に行くのが少し恥ずかしい・抵抗がある
  • コロナ禍で病院へ行くのが心配
  • 今すでにピルを服用しているが、毎回受診するのが面倒
もくじ

低用量ピルとは

ピルには、

  • 性交での避妊に失敗した際に用いる「アフターピル」
  • 日頃から常用する「低用量ピル(中用量ピル)」

の2つがあります。

低(中)用量ピルもアフターピルと同様に避妊効果がありますが、毎日服用することによって避妊以外にも様々な効果が得られるのが特徴です。

低用量ピルの効果

ピルの効果が期待できる人
出典:公式サイト

低用量ピルには、次のような効果があるとされています。

  • 月経周期を安定させる
  • 生理痛を抑える
  • PMS(生理前に起こる心身の不調)を緩和する
  • 卵巣がんと子宮体がんのリスクを下げる
  • 子宮内膜症を予防し、不妊症になるリスクを下げる
  • ホルモンバランスが整い、肌荒れを改善する
  • 生理周期のコントロールができる

私自身の経験を少しお話しさせてもらうと、

10代の頃から生理痛がかなり重く、経血量も多い状態が続いていました。

具体的に言えば、生理のたびに痛み止めの薬を飲み、経血量が多いので日中でも「多い日の夜用ナプキン」でないと間に合わない状態。

そして年齢を重ねるごとにPMSもひどくなり、、、

そんな中、第一子を妊娠したときに産婦人科で

子宮内膜症があるね〜

と言われ、出産後は低用量ピルを飲んで治療をしていました。

ピルを飲み始めてからは生理痛もほとんどなく経血量も減り、生理前のイライラも改善され、信じられないほど快適な生理期間が過ごせるようになりました。

もちろん効果に個人差はあるものの、最近の低用量ピルの需要の高さを見ると、みなさんそれなりに効果を感じているではないかと思います。

「Anypill」を実際に使ってみた

 ほんだし

もっと手軽にピルを処方してもらえたら良いよね。

という思いから、ピルに特化した遠隔診療サービスである「Anypill」を利用してみました!

利用方法はとっても簡単なので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Anypillとは

「Anypill」とは、AnyWhere(どこでも)医師の診察を経てピルを受け取ることができるサービス。

クリニックと株式会社Next Paradigmが共同で立ち上げたサービスで、医師の診断を元に安全にピルの処方を行なっています。

登録、診療、お薬の受け取りまで全てオンラインで完結し、郵送でピルを受け取れるのが特長。

オンライン診療の流れ

ピルの受け取り方
出典:公式サイト

ピルを受け取るまでの流れは上記の通りです。

今回、実際にWeb上での問診を受けてみましたので、その内容を簡単にご紹介します!

ほんだし

Web問診だけなら無料で、10分もあれば終わるよ!

Web問診の開始
Anypillトップページ
出典:公式サイト

まずはAnypill公式サイトのトップページにある、「問診を始める」を選択。

基本情報の入力
基本情報ページ1
出典:公式サイト
基本情報ページ2

Anypillを初めて利用する場合、基本情報の入力が必要です。

名前や連絡先など、各項目を入力していきます。

この時点で「決済方法」も設定しておく必要がありますが、オンライン診療のみであれば無料なので安心してください。

入力を終えたら「チャットで問診を始める」ボタンを押します。

チャットでの問診
チャット問診

出典:公式サイト

ここからはチャットでの問診が行われます。

画面のように、いくつかの簡単な質問をされるので、該当するものを選択しながら進めていきましょう。

Web問診終了!

以上でWeb問診は終了です!

とっても簡単で、10分程度で終わりました。

ピルの処方を希望する場合は、電話で医師の診察を受ける
電話診察
出典:公式サイト

Web問診で特に問題がなければ、医師の診察に移ります。

Web問診後、登録した電話番号に担当の医師から電話がかかってくる仕組みになっていて、電話での診察を通じてピルを処方してもらいます。

もし電話に出られなくても、都合のいい時間に自分から電話をかけてもOK

土日祝日に関わらず毎日10:00~24:00まで医師が常駐しているのも、Anypillならではのポイントです。

\無料Web問診を受けてみる/

Anypillでピルを処方された場合の料金体系

Anypillでは、医師による電話での診察を受け、処方されるピルの種類が決定した際に料金が発生します。

料金体系はこちら。

処方期間薬代(1月あたり)
12ヶ月¥2,330
(税込¥2,563)
6ヶ月¥2,630
(税込¥2,893)
1ヶ月・3ヶ月¥2,930
(税込¥3,223)
(送料)¥385

処方期間が長ければ長いほど、1月あたりの薬代がお得になる仕組み。

1月あたり2,330円~はかなりコスパが良いですよね!

処方期間は毎月1シート(1ヶ月分)ずつ郵送で届き、1ヶ月あたりのコストは薬代+送料となります。

ちなみに、初回のみ診察料として別途¥2,000円がかかりますので、その点注意してください。

ほんだし

解約金なしで、いつでも発送を停止することもできます!

Anypillの安全性は?

薬の安全性は?
 

魅力的なサービスであることは分かったけど、オンライン診療だけで大丈夫なの…?

と感じる方も多いのではないでしょうか。

確かに、毎日飲む薬をオンライン診療だけで処方されるのは少し不安かもしれません。

そこでAnypillでは、私たち利用者が安心して使えるように以下のような施策を行っています。

  • 問診とそれに基づく医師の判断により、副作用が現れやすいかどうか丁寧に判断
  • 国から承認を受けている国産のもので、提携クリニックでも実際に処方されているピルを取り扱い
  • ラインを用いた無料相談窓口の充実
  • 1年に1回はかかりつけの婦人科での検診を推奨

もちろんすべての方に低用量ピルが処方されるわけではなく、Web問診の内容や医師の判断によって処方が受けられない場合もあります。

ちなみに私がWeb問診を受けた際は、飲んでいる薬との飲み合わせの影響か「Anypillではピルの処方ができません」とのメッセージが出ました。

だれでもかれでも処方されるわけではなく、Web問診や電話診察によってしっかりとその人に合ったピルを処方してくれるサービスなので、安心して利用できるのではないでしょうか。

Anypillの口コミ・評判

Anypillを実際に利用している人の口コミを調べてみました。

Anypillは2020年夏にリリースされたばかりのサービスなので、まだそれほど口コミが豊富にあるわけではないのですが、SNSなどに載っていたものをご紹介します。

利用者のリアルな声なので、利用を検討している人はぜひ参考にしてみてくださいね。

Anypillの良い口コミ・評判

生理痛がひどいのに近くに評判の良い婦人科がなくて困っていたから、オンライン処方してもらえてよかった。

診察の次の日には届いたので、早くて助かりました。

気になることはLINEで質問できて安心。実際に質問したら丁寧に答えてくれました。

やはり、かかりつけの婦人科がない場合や忙しくて婦人科に行く時間がない人にとっては、オンラインでピルを処方してもらえるのはありがたいですよね。

また、不安なことをLINEですぐに質問できるという環境に安心できるという口コミもありました。

Anypillの悪い口コミ・評判

 

ピルが届くまでに数日かかって、思ったより遅かった。

 

LINE相談を利用したら返信が遅かった。

悪い口コミとして、対応の遅さを指摘する声がありました。

この辺りは今後の改善に期待したいところですね。

地域によってピルが届くまでの日数にも差があるようなので、気になる方は問い合わせてみると良いかもしれません。

Anypillを使えばピルがもっと身近に!

スマホさえあればピルを処方してもらうことができるAnypill。

今まで以上にピルを身近に感じることができますよね。

特に、生理周期が安定しない・生理痛が重い・PMSがあるなど、生理の悩みを持っている方には低用量ピルの活用はとてもおすすめです。

まずはピルが自分の体に合っているかどうかを知るためにも、AnypillのWeb問診から試してみてはいかがでしょうか。

\無料でWeb問診を受けてみる/

ほんだし

ほんだしのつれづれぶろぐでは、ワーママの働き方やライフスタイルなどをメインに発信しています。Twitterも日々更新していますので、ぜひフォローしてくださいね!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
▲ブログ村でランキング参加中!
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

「時短正社員×副業ライター」のアラサー。北関東の田舎で夫と5歳娘と暮らしています。ワーママの働き方やライフスタイルをメインに発信している雑記ブログ「ほんだしのつれづれぶろぐ」を運営中。Twitterでは育児やブログ運営について呟いてます。

もくじ
閉じる